日本茶文化で花粉症の季節を乗り越える方法一度お試し

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook

福来茶留 あわちゃんです

いつもご来場購読頂きまして

誠にありがとうございます。

このブログは日本茶紀行を幅広く日常生活に溶け込ませることで

健康な毎日を過ごして頂く為のブログです

興味持って頂き日本茶文化を毎日の生活習慣化として

活用し生活環境を変える為に購読して頂ければ幸せです。

番茶で辛い花粉症の季節を乗り越える方法

寒い時期も終盤に入り

暖かくなって来たのは嬉しいけれど…

いよいよ本格的な花粉のシーズン到来に

皆さんは頭を悩ませたりしていませんか?

鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど

症状が深刻な人にとっては

この時期は本当に毎日がつらいですね。

薬で治すのも一つの手ですが

毎年、毎年薬に頼るのもどうかということで

私のオススメは鼻うがい、これに限ります!!

やったことがない人は痛いのでは?

という印象があるかもしれませんが

実は全然痛くないんです!

花粉やほこりなどの異物を取り除くのに

番茶で鼻を洗うのは効果的

何より終わった後はとってもスッキリします。

花粉症の方にはオススメです。一度お試しくださいね、、

私はこの時期になるとこの方法で乗り越えています。

詳しいやり方をお伝えさせて頂きますね。

鼻うがいは食塩水でやるのが一般的ですが、

わたしは「番茶+塩」の塩番茶でやってます。

心地よい番茶の香りで、より辛さが和らぎます。

コップ1杯(200ml)の番茶を常温に冷まし

小さじ1/2の塩を入れて、片鼻ずつ行います。

ただし、きちんとやれば効果が高い鼻うがいですが

正しいやり方で実施しないと中耳炎になる可能性が

あるので

慣れない最初のうちは洗面器を使ってやるなど

十分に注意してください。

とはいえ、そんなに難しいものでもありませんので

鼻のムズムズが本当につらい方は

ぜひ、お試し下さい。

これでもダメでしたら

減感作療法で

最新の花粉症治療が話題になっているようです。

注射でなく、自宅で服用できる「シダトレン」です。

今まで花粉症の治療は対症療法が中心でしたが

この「シダトレン」を用いた「減感作療法」は

花粉症そのものを治療することができるため

注目を集めています。

シダレントについて

スギ花粉の治療方法です。

スギ花粉によるアレルギー症状を和らげる

シダトレン・シダキュア免疫舌下療法だそうです。

スギ花粉が飛散していない時期に行われ

治療開始は6~12月ころだそうです。

「減感作療法」とは、

アレルギーの原因物質である“アレルゲン”を

少量から投与することで体を

徐々に慣らしていく治療法です。

花粉症に悩む方には、まさに夢のような治療法に

思えますが、デメリットもあります。

副作用に対して適切な処置ができる

十分な知識・経験

を持つ医師のもとで治療をする必要があります。

また、血液検査を受け、スギ花粉の抗体が陽性で

あることを診断された方のみの適応です。

およそ20%の方には効果がなく、最低2年間、

毎日続けなければならない根気のいる治療法となります。

そして、花粉の飛散時期には、この「減感作療法」を

開始できません。

6月から11月頃が治療開始時期として

望ましいようです。

このことで悩み解決できるといいですね

日本茶文化は日本文化の誉れと誇りです。

コミニュティに参加でこだわり健康生活習慣化おすすめです。

https://community.camp-fire.jp/projects/view/338641

 

日本茶文化は日本文化の誉れと誇りです。

健康生活は貴方様の自助努力が大切です習慣化しましょう

最後まで購読頂きましてありがとうございます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
お茶のあわじ園本店
☟☟☟
http://awajien.com

お茶のあわじ園 EC店
☟☟☟
http://awaji-teashop.com

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

コメント

 

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

写真素材素材【写真AC】

写真素材素材【写真AC】

ANTHEM

▲トップへ戻る