日本茶文化で緑茶パワーの脳卒中、心臓病リスクの低下効果

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook

福来茶留 あわちゃんです

緑茶パワーの脳卒中、心臓病リスクの低下効果

緑茶の力すごいですね

 

脳卒中や心臓病のリスクを下げてくれる

呼吸器疾患などで死亡するリスクがひくなる傾向もあるそうです

研究で明らかになっているのですが

私も心臓病でありますが、少し気になっていることでもあります

日常生活の中で毎日の食事に気をつけなければならない事は

お茶を飲むシンプルな習慣化の日常生活において

糖尿病肥満や認知症のリスクの低下などすごい

緑茶の力があるようです

私の母は現在認知症で毎日の緑茶は欠かせません

是非茶葉の飲用をおすすめです。

今日はそんなことをまとめたまとめてみました

健康食として日本食は緑茶を飲むことが特徴の1つになってます

お茶の生活スタイル生かして健康である為には

私にとっても皆様にとっても日常生活において

健康に大切なものになってると思います。

 

★緑茶のカテキンが抗酸化作用効果

緑茶や抹茶は現在、日本を始め世界中で愛されております

日本は古くから医薬品みたいなもので使われており

古代から歴史があります

人間にとって抗肥満効果や美容効果

アロマ効果リラックス効果など様々な作用があります

また最近では日中などの予防にも改善効果があるそうです

現在は世界中で研究されています。

カテキンとは渋い成分のがカテキンとされています

またカテキン類の中にポリネシアポリフェノールが含まれ

ウーロン茶や紅茶にはないが緑茶だけには

成分として効果があるみたいです

カテキンは抗酸化作用があり

一定量摂取し続けると肝臓の脂質代謝が高まり

エネルギー消費が高まるので体脂肪が減少すると言う報告もあるようです

 

★緑茶の茶のパワーで糖尿病のリスクが減る

カフェインの力すごいですね

糖尿病において大事な事は基礎代謝の促進と筋肉における

脂肪燃焼でグリコーゲンの異化組織から

脂肪酸の放出を干している可能性があり

抗酸化作用によりインスリン効果の改善が期待できるそうです

緑茶の成分でテアニン特有の代謝物である

エチルとエチルアミンの結成濃度が高い人は

糖尿病の発症リスクが低いことが明らかになってるようです

 

★肥満はインスリンの抵抗性に効果的

テアニン成分のことについて

摂取後約1時間をピークに新陳代謝され

グルタミン酸とエチルアミンに分けられ

空腹時には採決の血清中のテアニンが提出できないようです

また24時間以上たった人は血清中に存在しているので

そのために結成エチルアミンの濃度は緑茶の飲む量を表出させる

分析的バロメーターとなるんだそうです

緑茶にはティアリングに加えカテキンやカフェインなどの

成分も含まれており緑茶などの成分が

糖尿病にリスクを減少するのかは

詳しくわかってないようです

なので健康飲料として緑茶の効果は解明していないようです。

なのでペットボトルなどの飲用は効果がないと言われてます

 

★緑茶の認知症のリスク低下

 

茶葉においては各種の生理活性物質が入っており

これらのものは抗炎症効果や抗酸化作用をの効き目があり

血管損傷や神経変性の事から脳を保護している

可能性があると言われております。

よってアルツハイマー病に習慣化することで

効果が大きいとされているようです

緑茶の健康効果出す為の一日の適正量とは

 

★緑茶が好きな方で1日にどのくらいお飲みでしょうか?

 

私の場合は日曜生活の毎日食事後に

また休憩の後にと日々忘れた事はございません。

その理由はお茶が健康な飲み物であることが解っているからです

茶葉の良さについて分かる者として飲用しております。

さて最近は研究の研究で毎日一定量を飲み続けていると

健康面でいろいろなメリットがあるようですが

ちょっと気になる飲みすぎた場合の

緑茶の健康効果について

少し話してみたいと思っております

最近の健康ブームで世界的にも注目され

緑茶がいろんな病気の予防に効果があるとは

発表されておりますが

例えば食中毒花粉症、口臭、インフルエンザの対策

ダイエットや美容効果などなど

長い伝統を持つ物長い飲み物である事はご存知だと思います

緑茶の良さは健康の源だと考えても

間違いないと言えるでしょう

そんな良いものを気にならないのが不思議だと思ってます。

緑茶飲む量で予防効果が出せる量を

豆知識としてリサーチしてみました

 

★緑茶が認知症の予防効果があります

 

緑茶を毎日2杯以上飲む人は飲まない人くらべて

認知症になりにくいそうです

その理由は記憶力の衰えは脳の神経細胞が

活性酸素で傷つく傷つくことが大きな原因だそうです

そのためカテキンは活性酸素の働きを抑えたりする

効果があるため神経細胞がお防ぐ働きがあるそうです

そのためには飲用をオススメです

 

★緑茶で脳梗塞の危険が低下驚きですね、、、

 

緑茶を1日に5杯以上飲む人は男性と女性は低下率の違いありますが

いずれもやはりカテキンの効果出そう効果と言えそうです

また脳や心臓などの循環器系も死亡のリスクを低下させてくれる

すごいですね私にとっては欠かせられません

調査結果では信用性の高いものと言えるでしょう

 

★緑茶で糖尿病が改善できる

血糖値の改善が1日27杯以上飲むことで

糖尿病のいっぽ手前の状態から

血糖値の改善が認められるのだそうです

グループに分けて緑茶を飲ませた結果

糖尿病の診断基準となる指標が改善されたそうです

カテキンの効果は有名になってるようです。

 

★緑茶の摂りすぎの注意デメリット

 

極端な量の取りすぎの中でカフェイン、タンニン、シユウ酸は注意です

 

カフェインですか

神経過敏や睡眠障害や顔面硬直

嘔吐や胃腸症状などが現れることがあります

特に冷水茶、水等は飲みすぎると胃もたれします

 

タンニン酸ですが

鉄分の吸収を防ぐ効果があり貧血気味の方は

担任を含む飲料食品を取りすぎてはいけません

最近の研究結果ではあまり認められないともあります

なので一概には言えません

 

シユウ酸について

茶葉にシュウ酸が含まれており

その原因で腎不全を起こしたり尿結石などを起こす

可能性があるため食品の中で一緒に食べてはいけないものがあります

それはバナナとかナッツ類ココア、コーヒーなどにシュウ酸が多く含まれております

なので取りすぎないほうが良いとされています

 

まとめてみました

 

緑茶の取り先は注意しなければならないのですが

定期的に緑茶を飲み続ける事は間違いなく

健康に良い影響がありますが適当な量と正しい量を

常に心がけていただければ健康な体力づくりとして

役立つのではないでしょうか?

日常の健康管理は緑茶の量だけでは

測れるものではございませんので

取りすぎは何でも体調を崩す

原因もなります注意が必要です。

最後までの購読ありがとうございました。

       福来茶留 あわちゃんでした

****************************************************

皆様と一緒に生活のコミニュティを図りたくて設けました。

興味頂ける方はご参加頂けるとブレンダーが誇るこだわりお届けします

良かったら下記クリックをお願いします。

⇓⇓⇓

https://community.camp-fire.jp/mypage/projects/338641

****************************************************

コメント

 

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

写真素材素材【写真AC】

写真素材素材【写真AC】

ANTHEM

▲トップへ戻る