薬と飲食物(お茶)の影響についてお茶と鉄分の関係

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook

     春爛漫の季節がそこまで来ました。

福来茶留 あわちゃんです

今年の立春は2月2日になってました。

植物、食物が育つ始まりでもあります。

コメ、お茶、穀物など八十八夜かけて育てることで

食するものが作られる季節の始まりでもあります。

春の季節が近づきましたが

春の息吹を感じることができる季節です

訪れる新しい春を祝い、

日本文化における季節感を語り

今年は伝統的な立春の習慣を受け入れてみるのはいかがでしょうか?

「袖ひぢてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらん」

春立つ」という言葉で出ているようです

そもそも古代中国で生まれた言葉だそうですが

春が勝手にやってくるという意味から「春が立つ」と言われているようです。

季節の変わり目を知らせる季節語だと思います。

日本では季節感のずれを調整するために

新緑、新芽の始まり

八十八夜や入梅、半夏生などの雑節も取り入れられております。

大寒から立春の頃は、

冬至の頃の日照時間の短さが反映され、

一年で最も寒い時期となるのです。

少しずつ気温があったかくなり始めてきます。

いろんな植物、食物 お茶などの新芽、新緑の芽立ちの

季節が始まり自然界における日照時間は大切なものです。

立春以降に初めて吹く暖かい突風を春一番が吹きます。

 

薬と飲食物(お茶)の影響についてお茶と鉄分の関係

 

 

お茶と薬の関係を記載してみました。

病気のために使用する薬でお茶の影響について述べたいと思います。

(御茶断ち)すると聞いたことありませんか?

このことは鉄分とお茶の成分が反応して中和してしまうために

混ざると立てたお茶が紫いろに変わることがあります。

お茶と鉄剤が反応するからだと思います。

こんな経験ありませんか?

貧血で鉄剤を飲む人でお茶と一緒に飲むと

効果が亡くなり役割を果たさなくなる可能性があるみたいとありますが

そのとおりなのかなと思いました。

このことについて関係性が研究論文によって

茶系飲料の鉄栄養に及ぼす直接的な影響はきわめて小さい。

バランスのとれた食事で一般的な飲容量であれば神経質になる必要はない

普通に飲んでいる程度であれば、

鉄分の吸収にお茶の『タンニン』の影響を

それぼど気にする必要ななさそうです。

どうしてもきになる方は

タンニンの少ないお茶で含まれていないお茶を

食事あとに飲むお茶としてタンニンの少ない

玄米茶、ほうじ茶や、タンニンの含まれていない麦茶。

緑茶であれば水出ししたものを飲むようにしましょう。

緑茶はお湯で淹れるより、水出し(低温抽出)する方が

タンニンやカフェインの抽出量を減らすことができます。

温かい煎茶や抹茶を飲みたい場合は

食後1時間以上たってからか、食間に飲むようにするとよいです。

現代はかなり開発されて飲む人の悩みとして改善されているようです。

鉄瓶で沸かしたお湯には鉄分が溶け出しているので

お茶を淹れるときは、鉄分を摂取しやすくなるので

鉄瓶や鉄鍋で沸かしたお湯を使うのもおすすめです

お薬は基本的に、コップ1杯の水か白湯(さゆ)で飲んで頂くものです

お酒、ジュース、牛乳などはくすりの成分が結合されたりして

分解して吸収を悪くする可能性がある為に

できるだけさけたほうが良いでしょう。

でも最近は

お薬をお茶で飲んでも大丈夫だと研究論文で記載されています。

鉄剤(増血剤)の場合、お茶に含まれるタニンが鉄不足で血液の流れが悪くなると、

冷えやすくなり体の機能が落ちてしまいます。

また、意欲の減退、うつやパニック障害、学習障害など、

メンタルの不調や不妊への影響も懸念されますね、、

鉄分の吸収を悪くするとの理由で望ましくないとされていましたが、

最近の研究で、お薬の効果に影響がでるほどではない

ということがわかってきたようです。

鉄剤の場合はお茶で飲んで頂いても大丈夫だという説もあります。

なのでそれぞれ考え方が違うみたいです。

 

鉄分を多く含み貧血に効く飲み物

https://lureum.com/tea.html

 

グレープフルーツジュースでくすりをのむと血圧が下がる可能性があります。

心拍数を増加させることもあり様々です。

胃腸薬は特に相互作用はありませんが

降圧剤の中には効きすぎたりして

血圧が下がりすぎたり、ふらついたりすることもあるそうです。

危険な薬の飲み方としてアルコールと安定剤、睡眠剤を一緒に飲むと

昏睡や意識障害を起こす危険があるようです。

薬だけはできるだけコップ一杯ほどのぬるま湯で飲んで頂くのが好ましいです

 

食物の中で納豆と薬が合わないものがあります。

血液を固まりにくくするための

ワルファリン(商品名: ワーファリン)を飲んでいる人

は納豆を食べると効果が薄くなることをご存知でしょうか?

納豆に含まれているビタミンKには血液を固めようとする働きがあり

ワーファリンというくすりは、逆に血液を固まらないようにする働きがあるそうで

つまり、納豆を食べるとくすりの働きが弱くなってしまうので効果が亡くなる

このくすりは、慎重に使用しなければならないので

納豆の好きな人はこの薬ををのんでいる間は食べるのを

我慢する方が好ましいです。

でも最近は納豆を気にしなくてもよい薬も開発されているようです。


クロレラや大量の人参やブロッコリーなどは

緑黄色野菜もこの薬の作用を弱めますので注意が必要です。

お茶だけでなく食品の栄養素が薬と反応することで

効果が亡くなることで常に注意が必要だと考えられます。

 

最後まで購読ありがとうございます

   福来茶留あわちゃんでした。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
お茶のあわじ園本店
☟☟☟
http://awajien.com

お茶のあわじ園 EC店
☟☟☟
http://awaji-teashop.com/

お問い合わせこちら

☟☟☟

http://awaji-teashop.com/contact/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

コメント

 

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

写真素材素材【写真AC】

写真素材素材【写真AC】

ANTHEM

▲トップへ戻る